キャンプ

【東京都】堺渓谷キャンプ場  コテージ泊又はソロキャンパーにお勧め

多摩川

堺渓谷キャンプ場は、東京都奥多摩町にあるキャンプ場です。ご家族で経営されているらしく、とても親切に接して頂けます。

コテージがあるエリアと河原サイトに分かれており、特に河原サイトは、川と崖に挟まれているので、山奥でキャンプしているかのような雰囲気を味わえると思います。ただし、河原サイトは車の乗り入れができず(絶対不可能)、キャリーも使用不可(階段なので絶対不可能)で高低差がかなりあるので、荷物の搬出入が非常に大変です。

そのため、大きなテントで荷物いっぱいのファミリーキャンパー(我が家もそうですが)は、お勧めしません。ファミリーキャンパーはコテージを選択すべきです。河原サイトは、最小限の荷物でキャンプできるソロキャンパー向けです。

キャンプ場の概要

住所:東京都西多摩郡奥多摩境118-イ
アクセス:圏央道あきるのICから約50分
電話:0428-83-3410
予約方法:電話予約
料金例:バンガロー(4人)+車1台:合計10,000円
チェックイン:13:00
チェックアウト:11:00
公式HP:https://sakaikeikoku-c.jimdofree.com/

キャンプ場の中を紹介

駐車場に車を停めると、いきなり急坂がお出迎え。車の乗り入れはできないので、荷物は手荷物かキャリアカー(キャンプ場に1台あります)で運びます。

入り口の急坂

坂を下るとキャンプ場受付です。7UPの看板が年期を感じます。

キャンプ場入口

キャンプ場に入るといきなり釣り堀。ニジマス釣りができます。

釣り堀

BBQ場とコテージです。日帰りBBQの方もここです。設備は古いですが、早朝から、お婆さん自ら綺麗に掃除をされていました。

BBQ場

炊事場も年期が入ってますが、綺麗に清掃されています。

炊事場

ゴミステーション。燃えるゴミは、有料(確か150円)の袋に入れて捨てる必要があります。

ゴミ捨て

シャワーが綺麗

3分100円のシャワー室は、それほど古くはなく、とても綺麗です。

我が家の嫁も、ここなら大丈夫と言ってシャワーを浴びていたので、綺麗なのは間違いありません。

シャワー

トイレも綺麗

トイレも綺麗に掃除されています。トイレの建物も綺麗です。

コテージも綺麗

今回、4人用のコテージの空きがなかったので6人用のコテージに宿泊しましたが、中はとても綺麗でした。トレイも、ウォッシュレットではないですが新しくて綺麗です。
布団も、洗濯されたシーツと枕カバーが用意されており清潔です。6人用のコテージは、コテージ前にBBQ場と水道が付いているのでとても便利でした。

※コテージ内部の写真を撮影し忘れました。

コテージ

河原サイトは遠くて高低差あり

河原サイトまでは、このような石段をひたすら下る必要があります。大人1人がギリギリすれ違える位の狭い道です。当然キャリアカーは使えず荷物を持って歩かないといけないので、ソロキャンパーか、超ミニマムファミリーキャンパーでないと、河原サイトの利用は無理です。

河原サイトへの階段

河原サイトに到着です。サイトは結構狭いです。ファミキャン向けではありません。

河原サイト

水遊び可能。ただし、川が深い場所が多い

夏のキャンプと言えば川遊び。お子様の川遊びも可能ですが、川底が深い場所が多いので要注意です。水はとても冷たくて、サウナの水風呂に入っている気分です。

多摩川

たくさん動き回るお子様には、ライフジャケット着せた方が絶対よいです。ここの川では、目を離した隙に簡単に流されてしまいそうです。

むしろカヤックで川下りしてみたくなります。子供が大きくなったら一緒にやりたい。。

多摩川

キャンプ料理

コテージに宿泊して時間があったので、キャンプ飯をいろいろ試してみました。

ウッドプランク(Grilling pranks)

木の板の上にサーモンや野菜を乗せて、炭火で焼く料理です。アメリカでは流行っていてBBQブログやyoutubeを見るとたくさん紹介されていますが、日本ではまだまだなようです。サーモンが程よくスモークされて、BBQでしか出せない味に仕上がります。木の板を1時間程度水やワインに漬けておき、生のサーモンを乗せて蓋をして15分位待つと完成です。

Grilling pranks

サーモンを乗せる木(Cedar:杉)は、アメリカのアマゾンではたくさん取り扱っているのですが、日本アマゾンや楽天では少ししか取扱いがありません。しかも高いです。

私はホームセンターで1枚200円位の杉の長板を購入し、3等分してもらいました。なので1枚66円で済みました。なお、杉の木以外に桜の木もウッドプランクに適しているそうです。

 

チャーハン

自宅から中華鍋を持参し、焚火の火力でチャーハンを作ってみました。高温のせいかご飯がパラパラでとても美味しくできました。

チャーハン

 

まとめ

堺渓谷キャンプ場を紹介させて頂きました。皆様のキャンプ場びの参考になれば幸いです。

-キャンプ

© 2020 39Traveler