いわないリゾートパーク オートキャンプ場 マリンビュー(北海道) 日本海と満天の星の大パノラマ!

2019年の夏、「オートリゾート八雲」に続き、夜景が見える絶景キャンプ場、「いわないリゾートパーク オートキャンプ場 マリンビュー」に2泊してきました。

岩内港や積丹半島が一望できる高台にあり、オートキャンプ場からの絶景は格別です。 夜になると眼下に広がる日本海の「漁り火」、「満点の星空」が幻想的なロケーションを演出します。また、昨年10月には岩内町の夜景が日本夜景遺産に登録されました。是非岩内町の夜景を見に来てください。

(岩内町公式HPから引用)

小高い丘の上にあるキャンプ場で、昼間は日本海、夜は眼下に岩内町の夜景、そして空を見上げると満天の星を見ることができます。

丘の上に位置していることから風が強い日が多く、テントが壊れて帰られる方もいるそうです。テントやタープが飛ばされないように、風対策は十分にしておくことをお勧めします。

キャンプ場の概要

・住所:北海道岩内郡岩内町宇野束350-8
・予約電話番号:(0135)61-2200 受付時間は9:00~17:00
・料金:4500円 ※大人二人、小学生未満一人、電源なしオートサイトに一泊した場合
・テントサイトのタイプ:区画タイプ(電源ありオートサイト、電源なしオートサイト、キャンピングカーサイト)、フリーサイト、コテージ
※日本海と岩内町の夜景を見ることができるのは、電源なしオートサイトの海側、フリーサイトの海側、コテージです。

・チェックイン:13:00~
・チェックアウト:10:30
・風呂/シャワー:シャワー有り(22:00まで、無料)
・レンタル/販売:有り
・ゴミ処理:無料
・公式HP:http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/?p=42994

キャンプ場の全体像

キャンピングカーサイト、カーサイト、フリーサイト、コテージがあり、中心に、遊具広場があります。

地図で見ると平面に見えますが、高低差がかなりあるキャンプ場です。

キャンピングカーサイト(B-1、B-2、B-7~B-10、B-15~B-21)、電源つきカーサイト(A-1~A-15、B-3~B-6,B-11~B-14)の拡大図です。これらのサイトから日本海や岩内町の夜景を見ることはできません。

フリーテントサイトと、電源無しカーサイト(D-1~D-17)の拡大図です。日本海が見えるのは、フリーテントサイトの最前列(地図の上側)と、電源無しカーサイトD-1~D-8、D-15です。

コテージの拡大図です。こちらからも、夜景を見ることができます。C-1からC-9に向かって上り坂になっています。

センターハウス

キャンプ場に到着したら、ここで受付をします。キャンプ場の入り口には、宿泊者の車しか入場できないようにゲートが設けられています。チェックイン時に、ゲートを通るための磁気カードを渡されます。

センターハウスには、キャンプ用品の販売・レンタルのほか、コインランドリー、無料シャワールームがあります。

キャンプ用品の販売

洗面用具、カップラーメン、調味料、雑誌、ちょっとした土産品、炭、薪、お酒が販売されています。品揃えは良いのですが、薪1つ1500円は高すぎる気がします。

コインランドリー

洗濯機3台、乾燥機2台が備え付けられています。洗濯機は1回200円、乾燥機は40分100円です。

シャワー

男性用、女性用に分かれており、それぞれにシャワー室が3部屋ずつあります。

キャンプサイトの紹介

キャンピングカーサイト

大型キャンピングカーが駐車できるように、車を停めるスペースが広いです。各サイトに、電源(15A~30A)、炊事台、汚水口が備え付けられています。

カーサイト(電源有)

テントやタープを建てるスペースは、狭くはありませんがそれほど広くもありません。大型テント+タープは厳しい印象です。

コテージ

9棟のコテージが並んでいます。2019年にソファーとテレビが新しいものに交換されたそうです。

フリーサイト

我が家が宿泊した日は自衛隊が演習を行っており、フリーサイトはクローズでした。海側からは日本海や積丹半島を見渡すことができます。

カーサイト(電源無し)

カーサイト(電源有り)と似たような広さです。狭くもないが、それほど広くもありません。大型テント+タープは厳しい印象です。

カーサイト(電源無し)の海側サイト(D-1~D-8、D-15)からは、積丹半島、日本海と岩内町を一望する大パノラマが広がっています。ここのキャンプ場に宿泊するのであれば、絶対にカーサイト(電源無し)の海側サイトを予約することをお勧めします。

カーサイト(電源無し)は、見晴らしがよい反面、海からの風をダイレクトに受けるため、強風になることが多いようです。テントやタープが風で飛ばされないように、頑丈なペグは必須です。

その他施設

遊具広場

キャンプ場の中心には、滑り台など複数の遊具が設置されています。芝生も広いので、ボール遊びや鬼ごっこもできます。ファミリーキャンパーには嬉しいですね。

トイレ

トイレ入口にはドアが設けられており、虫が入り込みにくい造りになっています。

洗面台は綺麗に清掃されています。

ウォッシュレットではないですが、綺麗に掃除されています。

炊事場

炊事場の入り口は、トイレと異なりドアがありません。一応メッシュの網が掛かっていますが、隙間だらけなので夏場は虫が入り放題なのが少々残念です。

夜は炊事場内の明かりに向かって虫が集まってきますので、虫が嫌いな方には少々厳しいかもしれません。

ゴミ捨て場

ゴミは4種類(燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、プラ容器、瓶・缶・ペットボトル)あり、チェックイン時に渡される4枚のゴミ袋の色に仕上がって分別する必要があります。

夜景・星空

さて、ここのキャンプ場をお勧めしたい理由のNo1である、夜景と満天の星空をご紹介します。まずは日本海と岩内町の夜景です。夜景を眺めながら飲むお酒は最高です。

そして、夜空を見上げると、もの凄い数の星が瞬いています。普段住んでいる都内から見える星空とは大違いです。天の川もはっきり見ることができます。

周辺施設

温泉

キャンプ場から車で2、3分位の所に、日帰り温泉が4か所あります。場所と温泉の特徴は、チェックインの際に貰えるチラシに詳しく書かれています。

①いわない高原ホテル
②いわない温泉高島旅館
③岩内温泉ホテル グリーンパークいわない
④サンサンの湯

永澤商店

キャンプ場から車で30分ほど南下した所に、海産物を販売している商店があります。

ホタテは1枚250円、牡蠣は1個150円で売っています。ホッケの開きも1枚500円位で売ってます。

今回、ホタテ、白貝、ホッケの開きを買ってみましたが、鮮度抜群でとても美味しかったです。

まとめ

以上、いわないリゾートパーク オートキャンプ場 マリンビューを紹介させていただきました。日本海と夜景や満天の星空は、必見の価値ありです。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。