BBQ

アメリカで定番のBBQ料理「ウッドプランク」に挑戦 ホームセンターで板を買えば安上がり

grilling planks

ウッドプランクという料理をご存知でしょうか。濡らした木の上でサーモンや肉を焼く、アメリカでは定番のBBQ料理です。アメリカでは、ウッドプランク(wood plank)ではなく、「Grilling planks」と呼ばれています。「Grilling planks」とGoogleやyoutubeに聞くと、作り方を紹介するサイトや動画がたくさん見つかります。

魚や肉にスモーキーな味がプラスされ、いつものBBQとは一味違う味に仕上がります。ビールよりもワインやウイスキーが似合いそうな、オシャレなBBQ料理です。

まずは木の板を用意

木の板:べニア板や集成材など接着剤で加工されたものではなく、切っただけの板(無垢材の板)を用意します。

木の種類は、スギの木か、サクラの木が良いようです。

アメリカアマゾンでは、こんな感じの、縦28センチ、横14センチ、厚さ1センチくらいの杉の板(Cedar Grilling Planks)が、12枚で2000円位で売られてます。ですが、日本ではまだメジャーではないのか、日本アマゾンでの取り扱いは少ないです。

cedar planks

 

二本アマゾンや楽天でも買えますが、枚数が少なくて結構お高い。。

ホームセンターで安く手に入る

こんなに小さな木の板なのに高すぎないか?と思い、ホームセンターに行ったところ、長さ60cm、幅12cm、厚さ1.3cmの杉の板が、200円程度で売られているではありませんが。

3等分したら、長さ20cm、幅12cm、厚さ1.3センチと、ちょうどよいサイズの板が3枚も作れます。1枚65円位と激安です。

早速、ホームセンターで板を買い、無料の板加工サービスを使って3等分してもらいました。

杉の板

アルミプレート

BBQコンロでウッドプランクを作るとき、食材を乗せた板を蓋で覆って蒸し焼きにする必要があります。蓋は、100円均一のセリアで、アルミプレート(2枚入り)を購入。

アルミ蓋

ちょうど2枚がギリギリ入る大きさ。

板を入れた状態

ウッドプランクの作り方

事前に木を湿らせておく

最初に木の板を2時間ほど水につけておきます。このとき、板が浮いてきてしまうので、木の上に重りを乗せておきます。

水のみではなく、水にワインを混ぜたり、リンゴジュースを混ぜたりすると風味が増すようです。

木をBBQコンロに載せて、両面を1分程度ずつ温める

湿らせた板をBBQコンロに載せて、両面を1分程度暖めます。

食材を乗せる

両面を1分程度暖めたら、食材を乗せます。サーモンの上に、ローズマリーやレモンを乗せてもよいでしょう。ミニトマトやパプリカを添えるものアリです。

味付けは、塩コショウをお好みの塩加減で。

Summer food, rose colored fish steak in a wine marinade macro closeup

 

15分位蒸し焼きにする

食材を乗せた板にアルミプレートを被せて蓋をします。15分位そのままにしておきます。板が焼けてスモーキーな匂いが漂ってきます。

蒸し焼き中

15分ほど経過したら蓋を取ります。綺麗に焼けています! 熱いうちに食べましょう。

Grilling pranks

 

まとめ

日本ではまだマイナーなBBQ料理、ウッドプランクを紹介させて頂きました。キャンプに行くたびに肉を焼いているだけでは飽きてしまうので、たまにはこのような料理もいかがでしょうか。

 

-BBQ

© 2020 39Traveler