キャンプ用品

首都圏初上陸!【デカトロン幕張店】コスパ最強のキャンプ用品がたくさん

キャンパーの間では、ポップアップテントで有名なデカトロンが首都圏初上陸! 2020年5月22日、幕張にデカトロンの2号店が、イオン幕張店にオープンしました。

スポーツ用品の黒船 デカトロン(Decathlon)

デカトロン(本社:フランス)は、日本ではあまり知られてませんが、世界51か国に店舗を展開する世界最大のスポーツ用品チェーンです。ざっくり言うと、スポーツ用品のイケアのような会社です。

「デカトロンの製品はデザインから開発・販売まで自社で行い、80 種類以上のスポーツをできるかぎりコストを抑えたお手頃価格でご提供しています。」

日本では、2011年から「ナチュラム」と提携して、ケシュアの製品を販売開始。2015年からは、自社のオンラインストアに切り替えて販売をしています。2019年に、西宮に日本1号店をオープンさせ、そして2020年5月に幕張店がオープンしました。

2020年7月より、ナチュラムでデカトロン商品の取り扱いを再開しています。
ナチュラムのポイントも貯まるので要チェックです。

https://www.naturum.co.jp/contents/special/decathlon-restart/?layout=none&ref=infosearchsp

最強コスパ&独自の工夫

デカトロンは、ケシュア(Quechua)のブランド名で、コスパ最強のキャンプ用品をたくさん出しています。さらに、単に安いだけではなく、他のメーカーにはない独自の工夫がされており、見ていて飽きません。

例えば、「2セカンド」という、2秒で設営できる(実際に2秒は無理だが、ペグ含めて5分以内に設営可能)ことが売りのポップアップテントが有名です。ポップアップなのに、ちゃんと前室があったりと、機能的にも抜かりなしです。

Fresh&Blackテクノロジー

ケシュアのテントは、フレッシュ&ブラックテクノロジーという、テントの内部が遮光率99%のシートで覆われている構造のため、日が昇ってもテント内部が熱くならず、朝寝坊します(朝までぐっすり寝られます。本当です)。最近、他のメーカもこの技術の良さに気づいてきたのか、同じようなテントを出しています。

エアーテント(新色)

ポップアップテントより値段は少し張りますが、設営が簡単なエアーフレームのテントもラインナップされています。他社からもエアーフレームテントは発売されていますが、値段が全然違います。他社だと10万円オーバーなので、ケシュアの方がダントツに安いです。さすがフランス製、デザインも独特です。こちらのテントは、2020年の新作モデルで、67,900円(しかも税込)。

2019年までのケシュアと違い、白&ブルーではなく、白&ベージュになります。緑又はダーク系の色が中心の日本のテントの中で、ケシュアのテントの色(白&ブルー)は若干異彩を放ってしまうのですが、この色だと、日本のキャンプ場にも自然に溶け込めると思います。なお、イギリスのデカトロンの通販サイトでは、この色は酷評されておりました。。

 

店内の様子

ケシュアの最強コスパのキャンプ用品が展示されており、実際に手に取ってみることができます。物によっては、プラスチック感が強かったりと、若干安っぽい雰囲気のものもありますが、そうではないものもたくさんあります。

こちらのスチール製のやかん(ケトル)は、オンラインストアでも人気の商品。プラスチック部分が無いので焚火にもぴったり。1790円(なんと税込)という驚きの安さです。

エアーマット、寝袋、枕などの商品もたくさんあります。

まとめ

以上、デカトロン幕張店と、ケシュアのコスパ最強キャンプ用品を紹介いたしました。宜しければ、ポップアップテントもご覧になってください。

まだ設営に時間かけてるの?「設営・撤収5分以内」ケシュア ポップアップテントのメリットとデメリットを徹底レビュー

キャンプをするのはとても楽しいのですが、唯一面倒なのは、設営と片付けです。我が家も、キャンプを始めた頃は設営と片付けに追われてしまい、キャンプに何をしに来ているのか分からなくなる始末。。 そこで、貴重 ...

続きを見る

 

-キャンプ用品

© 2020 39Traveler