ハイエース メンテナンス

新車ハイエース200系5型 ディーラーで12ヶ月点検の項目と費用を公開

新車で購入したハイエースの12か月点検をディーラーで受けてきましたので、点検内容と費用を公開します。

ハイエースは貨物車なので、法定6ヶ月点検、法定12ヶ月点検、法定18カ月点検・・・、というように、6ヶ月おきに定期点検があります。乗用車の場合は12ヶ月おきなので2倍のペースです。貨物車は、業務用途で走行距離が延びるケースを想定してこのような周期に設定されています。12ヶ月点検を受けなくても罰則はないです。

元々業務用途でタフな使われ方を想定している頑丈なハイエースを、私は乗用車として使用しているので、新車で購入して1年程度で壊れるはずがありません。

ですが、もしかすると、初期不良など何かしら不具合が生じている可能性もゼロではないです。一応、トヨタの新車保証書には、「万が一不具合が見つかって保証で修理を受けるためには、ディーラー又はトヨタ認定サービス工場での修理が必要になります」とあります。町工場だと安く点検してくれる所はあるかもしれませんが、保証期間内ですし、ディーラーで12ヶ月点検を受けることにしました。

点検結果と費用

ディーラーで点検を受けると、待っている間、ドリンクとお菓子を出してもらえますし、カタログを読んだりしながら時間を潰せるのでいいですね。

当然ながら、12ヶ月で異常が見つかるわけでもなく、淡々と終了。点検にかかる時間は約1時間程度でした。点検後、洗車されて綺麗になって戻ってきました。

交換部品は無いので、料金は、点検料の22,000円のみ。タイヤを外すついでにタイヤローテーションをしてもらえました。

先日、ノックスドールを施工したばかりなので、もしかすると何か言われるかと思ったのですが、特に何も指摘されることはありませんでした。

点検内容

タイヤの溝の残量は、左右とも前8.0mm、後8.0mm。前回の点検時のデータが無いのでわからないのですが、恐らく新品から殆ど減っていないということでしょうか。

ブレーキパッドの残量は、左右とも前9.0mm、後4.5mm。これも前回の点検時のデータが無いので、どの程度減ったのかは不明です。

3月にオイル交換をしたばかりなので、今回オイル交換は無しです。

まとめ

新車で購入して12ヶ月で異常が生じるとは思えないのと、車検と違って受けなくても特に罰則はないので、このタイミングで22,000円を払って点検を受けるか結構悩みました。

最終的には、我が家の相棒として、日常の足やキャンプや旅行にこれからの活躍してもらうために、安心を買うと思えば安いと判断して、点検を受けることにしました。

-ハイエース, メンテナンス

© 2020 39Traveler