これは欲しい! バルミューダから、時間を楽しむLEDランタン登場!

2019年10月17日に、バルミューダから、LEDランタンの新製品が発売されます。

その名も、「時間を楽しむLEDランタン」

どのようなランタンを提供してくれるのか期待が高まります。

バルミューダとは?

バルミューダは、2003年に東京で設立されたクリエイティブとテクノロジーの会社です。自由な心で夢見た未来を、技術の力で実現して人々の役に立つ。これが私たちのミッション。新しい考え方で、これまでになかった価値を持つ家電を作っています。※バルミューダ社HPから引用

数千円程度の安価な中国製の扇風機が使い捨てのように安売りされている中で、静かなDCモーターを採用し、自然界の風を再現する扇風機「GreenFan」という、これまでの扇風機には無い付加価値を備えた扇風機が注目を浴び、3万円以上という超高額にも関わらずバカ売れしたことで、バルミューダという会社の存在が世に知られることになったと記憶しています。

その後も、「トーストを科学する」というキャッチフレーズのもと、普通の食パンが高級食パンのように焼きあがるスチームトースターや、蒸気の力で炊き上げる炊飯器など、価格や機能競争一辺倒の家電とは対照的に、シンプルながら強烈な付加価値を持つ家電を提供しつづけています。

遂にキャンプ用品が登場!

様々な家電を送り出しているバルミューダから、遂に、キャンプ用品が登場します。

「時間を楽しむLEDランタン」

あのバルミューダが作るランタンということで、単なるLEDランタンを超えてどのような付加価値を提供してくれるのか期待が高まります。

既に、バルミューダ社の公式HPでは商品紹介がなされていますが、先日幕張メッセで行われた「カートラジャパン2019」の会場で、一足先に実際の商品に触れることができました。

3種類の光を無段階に演出

本体のツマミを回すことで、ロウソクのようなオレンジ色の暗い光から、白熱電球のような暖色の光、そして温かみのある白色系の明るい光に、光が明るくなるにつれて光の色も無段階に変化していきます。

電球色や白色のLEDランタンは数多く販売されておりますが、「ロウソクの炎に近いオレンジ色の光」を発するLEDランタンは、恐らく殆ど無いのではないかと思います。

「ロウソクの炎のようなオレンジ色の光」や「白熱電球のような暖色の光」は、食事のときなど、他のメインランタンを併用しつつ、テーブルを華やかに飾りたいときに使えると思います。

「白色系の明るい光」は、洗い場や手洗いに行くときなど、周囲を明るく照らしたいときに使えそうです。白色系といっても、白色蛍光灯のような真っ白い光ではなく、温かみのある白色です。

従来のLEDランタンは、単に明るさのみを変化させたり、光の色をスイッチで切り替えるものでした。明るさと色が連動しながら無段階で変化させることで、性質の異なる3つの光を1台のランタンで表現できるというコンセプトは、実にバルミューダらしいと思います。

バルミューダLEDランタンの色温度は、

暖色用:太陽光LED(色温度:1600K)/温白色用:白色LED(色温度:3000K) ※バルミューダ社HPから引用

とのこと。

ローソクの色温度は約2000k、白熱電球の色温度が約3000k、太陽光が約5000kなので、バルミューダのLEDランタンは、ローソクの色から白熱電球の色までをカバーしています。

なお、私も愛用しているLEDランタン、ルーメナー2も3段階に色を変更することができますが、発光する光の色温度は、5700k、4500k、3000k(数字が小さいほど赤っぽい色になる)です。つまり、バルミューダランタンの最も白色の色は、ルーメナ2で暖色の色で発光したときと同一です。

しっかりとした作り

本体はプラスチック製ですが、バルミューダらしくしっかりとした作りで、安っぽさは感じません。また、取っ手がついていますので、手に持ったり、吊るしたり、テーブルに置いたりと、多彩に使えます。

ゆらぎ機能がある

オレンジ色の暗い光にした場合、キャンドルのような光の揺らぎが再現されます。

実物を触った時は、光量ツマミをグルグル動かしてしまったので、光が揺らいでいることに気が付きませんでした。改めて公式HPのビデオを見ると、ほのかに揺らいでいるのが分かります。

焚き火をしながら、まったりと過ごしたいときに良さそうです。

間接照明

このランタン、光源が上部の見えない所に取り付けられており、光源が直接目に入らないようになっています。上部から放たれた光が真ん中の白いチューブを光らせ、間接照明として周囲を照らします。

自宅でも使いたいと思える

現在、多様多種のLEDランタンが販売されていますが、ルーメナーのような投光器のランタンを自宅では使いませんし、コールマンなどから出ているランタンも大きいので自宅では使う気にならないと思います。

このランタンは、高さ25cm程度のサイズで邪魔にならないので、寝室やリビングなど、自宅でも積極的に使いたいと思えます。

高品質なキャンプ道具を、キャンプ場内のみで使用するのは勿体ないです。

残念な点

素晴らしい点ばかり挙げましたが、残念な点もあります。

最大照度だと3時間しか持たない

満充電に6時間必要なのに、最大照度だと3時間しかバッテリーが持ちません。なので、長時間周囲を明るく照らすランタンとしては使い勝手が悪いと思います。

スペック

大きさ幅110mm×奥行103mm×高さ248mm(ハンドル含む)
重量630g
バッテリー充電時間約6時間
連続使用時間3~50時間(最大照度~最小照度)
防塵・防水IP54(生活防水)
色温度暖色用:太陽光LED(色温度:1600K)/温白色用:白色LED(色温度:3000K)
全光束195lm
調光機能無段階調光
カラーホワイト、ブラック
価格¥13,800(税別)

まとめ

我が家は、投光器のようなランタン(ルーメナー2)と、安価な小型LEDランタンを併用していますが、実用性を重視しており、癒しを提供してくれるようなランタンではないです。この、バルミューダのLEDランタンは、相当期待できそうです!

シェアする

フォローする