水海道あすなろの里キャンプ場 レビュー! “良いところ”と“残念なところ”

2019年の初キャンプは、茨城県にある、水海道あすなろの里キャンプ場に行って参りました。2019年は例年より暖かく、桜の開花が早そうでしたので、桜の木があるキャンプ場を選んでみました。

残念ながら桜は一輪だけしか咲いていなかったのですが、”無料でお風呂に入れて”、”サイト区画が広く”、かつ”安い”という3拍子揃ったキャンプ場です!

キャンプ場の概要

・住所:茨城県常総市大塚戸町310
・予約電話番号:0297-27-3481 ※インターネット予約は無し
・料金:テント1張り3,000円 ※何人で利用しても同一料金
・テントサイトのタイプ:区画タイプ
※区画内に車を駐車できるサイトと、区画内には駐車できないサイトがあります。
・チェックイン13:00、チェックアウト10:00
※追加料金を支払うと、アーリーチェックイン可能です。
・HP:http://asunaronosato.net/index.html
・風呂/シャワー:展望大浴場有り
・レンタル/販売:有り
・ゴミ処理:無し ※全て持ち帰り
・公式HP:http://asunaronosato.net/

キャンプ場の様子

キャンプ場の受付です。まず、ここで料金を支払ってから、キャンプ場まで車で移動します。

料金表です。テント泊の場合、何人で泊まろうが、支払うのはテント1張につき3,000円のみでOKです。入園料はキャンプ場使用料に含まれているので不要です。

キャンプサイトは、下の図に示す、テントサイト1、2、3の三か所になります。予約時に場所の指定はできませんので、早いもの勝ちです。

テントサイト1の様子です。白で囲まれている範囲が一つのサイトになります。

一部の区画にはテーブルが設置されています。

白枠内に車を停めます。

テントサイト2の様子です。テントサイト1よりも区画が狭いです。車は横付けできませんので、路上に並べて駐車することになります。

テントサイト3の様子は、写真を撮り忘れてしまいましたのでありません。この日は、誰もテントを張っていませんでした。

テントサイト1にあるかまどと洗い場です。

テントサイト2の近くにある、コテージです。

展望風呂の入り口です。テントサイトから歩いて5分位です。

この日の気温は、午前4時の時点で、外気が-2.1度、テント内が1.6度でした。キャンプを初めて以来、初の外気マイナス・・。

モンベルの寝袋(ダウンハガー 800 #3)とNEMOのインフレーターマット(NEMO TUO 25L)と、ユニクロのウルトラライトダウンのおかげで、底冷えすることもなく、寒さで目覚めることもなく、朝まで寝ることができました。

ちなみに、この温度計は、外気温度とテント内の温度の両方を測定することができます。また、最低気温、最高気温を記録しておく機能もあります。キャンプの度に就寝時の温度を記録しておくことで、今後のキャンプ計画に役立てられるようにしています。

キャンプ場の“良いところ”4点

展望大浴場に無料で入れる

宿泊者は、キャンプ場内の展望大浴場に無料で入ることができます。

暑い時期は汗をかきますし、バーベキューをすると匂いもつきます。広いお風呂に入ってさっぱりした気分になれるのは、とても幸せです。

お風呂は、(測っていないので想像ですが)横10m~15m位はあります。我が家の娘(3才)は、お風呂を何度も往復するのが楽しかったようで、なかなか風呂から出ようとしませんでした。

宿泊者の入浴時間は、17:00〜21:00です。時間内であれば何回でもお風呂に浸かることができます。

露天風呂ではありませんが、広い窓一面に、そこそこ広大な景色(菅生池)が広がっていて、とても気持ちが良いです。

風呂場には、シャンプー、ボディーソープが備え付けられていますので、タオルと着替えだけを持っていけばOKです。

できれば22時位まで開放してもらえると、寝る前にお風呂に入れるのにと思いましたが、無料なので贅沢は言えませんね。

更衣室です。ドライヤーやコインロッカーもあります。キャンプ場のお風呂には、貴重品を預けられる所が無いことがありますが、コインロッカーが設置されているので、セキュリティ面でも安心です。

区画が広い

施設内には、キャンプサイト1、2、3があります。特に、キャンプサイト1は、区画内に車を入れることができ、テントとタープを立てるに十分な広さがあります。

また、キャンプサイト1には、テーブルも常設されています。食事をとる以外にも、荷物置き場にしたり、テントを乾かしたりと、便利に利用できます。

下の写真はテントサイト1のうち、管理棟側に最も近いテントサイトです。

タープ(タトンカ1TC)とテント(ケシュア ポップアップテント 2 Second 3XL)を立てましたが、土地が余ってます。大型のテントでも困らない広さです。

花見しながらキャンプ

桜の季節限定ですが、テントサイト2に桜の木がありますので、花見キャンプをすることができます。でも、桜の開花時期は毎年変わるので、運次第ですが。。

我が家は、あわよくば花見ができるかもと企んでおりましたが、キャンプ直前で気温が下がってしまい、キャンプ当日には1輪しか咲いておりませんでした。

※どうやっても花にピントが合いませんでした。

トイレが綺麗

新しくはないですが、きちんと手入れされており、不潔な感じは全くしませんでした。下の写真は、テントサイト1にある男性トイレです。

キャンプサイト2のトイレです。

キャンプ場の微妙なところ

夕方17時以降、車を出せなくなる

17時で、キャンプ場の入り口が閉まってしまいますので、車の出入りをすることが出来なくなってしまいます。なので、買い出し等で外出する際は17時までに戻ってくる必要があります。夕方に忘れ物に気づいても、買い出しに行くことはできません(歩ける距離にコンビニは無いです)。

夜バイクの音がするかも

守谷市内から少し離れておりますが、(かなり遠方ではあるものの)暴走族の爆音バイクの音が少し聞こえてきます。それほど気にならないかもしれませんが。

周辺施設

墨田屋

キャンプ場から一番近いローカルコンビニです。車で2~3分位です。

セブンイレブン

車で5分位のところにあります。

KASUMIきぬの里店

キャンプ場から車で10分位の所に、スーパーマーケット(カスミきぬの里店)があります。

ホーマック(HOMAC)

キャンプ場から車で15分位の所に、ホームセンター(ホーマック)があります。炭や薪などが売っています。

イオンタウン守谷店

キャンプ場から車で25分位の所に、イオンタウン守谷店があります。

RVランド

車で8分位の所にある、キャンピングカー展示場です。TOY FACTORYなどの有名ビルダーが制作しているキャンピングカーや、中古のキャンピングカーを展示しています。

HPはこちらです。https://www.rvland.co.jp/

まとめ

以上、水海道あすなろの里を紹介しました。無料で大浴場に入れて、サイトも広く、しかも安いという3拍子揃ったキャンプ場です!お風呂にゆっくり浸かりたい方にはお勧めです。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。