ハイエース DIY

ハイエース200系を快適空間に ~スピーカーをアップグレード!(DIYカスタム)~

 

最近はアマゾンミュージックを、アレクサで聴くことが増えたせいか、お世辞にも音が良いとはいえないハイエースの純正スピーカーでも特に気になりませんでした。

ですが、ハイエースで長距離運転をすることが多いので、どうせなら少しでも良い音で音楽を聴きたいと思い、スピーカーを交換することにしました。

その結果、純正スピーカーよりも、音がクリアになり、低音も良く響くようになって大満足です! 運転中に音楽を聴くのが楽しくなりました。

スピーカの選定

車載オーディオは上を目指すとキリがないですが、所詮ハイエースの車内は高級車と違ってロードノイズが多いことと、音楽を聴くといっても、アマゾンミュージックをBluetoothでカーナビに飛ばして聞くことが多いので、安価なエントリーモデルのスピーカでも十分と判断。

車載スピーカーでは、カロッエリア製、ケンウッド製、アルパイン製が有名ですが、アマゾンの口コミでの評価が高く、ベストセラー1位となっていた、カロッエリア製のエントリーモデルのスピーカーを選択。フロント用には、17センチの「TS-F1740」、リア用には、16インチの「TS-F1640」を選択しました。ハイレゾ対応ですが、多分ハイレゾ音源を再生することは無いでしょう。

 

準備

用意するもの

①フロンドスピーカー本体(フロント用17インチ)

②リアスピーカー本体(リア用16インチ)

ハイエース200系のリアスピーカーは、スピーカー後方のスペースが狭いので、奥行が長いスピーカーは取り付けできない可能性があります。カロッエリア製のTS-F1640はギリギリ装着できましたが、本当にギリギリでした。スピーカ選択の際はご注意下さい。

一方、フロントスピーカーは、後方のスペースに余裕ありますので、どんなスピーカーでも装着可能だと思います。

 

③フロントスピーカー用バッフルボード

フロントスピーカを車体に固定するのに使います。

④リアスピーカー用バッフルボード

リアスピーカを車体に固定するのに使います。

⑤デッドニング用の部材(必須ではありません)

 

 

 

必要な工具

①内装外し(もしあれば)

②ドライバー(2番、3番)

③ニッパー

④電動ドリル(もしあれば)

 

フロントスピーカー交換

①内装外し

まずは、フロンドドアのミラー裏側の内装部品(ロワーフレームブラケットガーニッシュ)を外します。

3か所あるクリップの一部が車体側に残ることがあるので、外して内装部品の裏に戻しておきます。

次に、ドアノブの奥にあるネジを外します。

次に、ドアノブの奥にあるネジ2か所を外します。

ネジを外したら、内装外しでパワーウインドウスイッチを外します。パワーウインドウスイッチを外すとコネクタが見えるので、これも外します。

パワーウインドウスイッチを外したら、ドア全体を覆っている内装を外します。内装外しを併用しながら、手で強引に内装を剥がしていくと外れます。かなり硬いので、思いっきり引っ張ってください。

外した後の内装はこちら。クリップの位置はこちらで確認を。

②純正フロントスピーカ外し

右下に見えるフロントスピーカを外していきます。スピーカを外すには、リベット3か所を破壊します。これが結構大変でした。ニッパーで傷をつけないように、念のためスピーカ周りを養生したほうが良いです。

もっと上手いやり方があるかもしれませんが、私が行った手順を紹介します。まず、ニッパーで頭をもぎ取ります。

3か所の頭をもぎ取ると、スピーカが外れますが、リベットがドアに残ります。残ったリベットはニッパーで切り取ります。

ニッパーで切り取り、奥に押し込むとリベットが外れます。

外れたリベットは、ドア内側に落下してしまいますので、細い棒で突っついて、ドア下の水抜き穴から外に出します。

 

③バッフル&スピーカー取り付け

フロントスピーカー用バッフルボードの裏に、右側の切れ込みに被らないように、付属のスポンジを張ります。

エーモンのデットニングキットを購入したので、奥に吸音材を張ります。

バッフルボードを取り付けます。コネクタを、バッフル裏に通すのを忘れずに。

最後にスピーカを取り付けて完成です。エーモンのデットニングキットについてきた、制振材を張りました。

 

リアスピーカー交換

①内装外し

まず、リアの両側の内装を外します。内装外しは殆ど使いません。手で強引に内装を剥がしていくと外れます。かなり硬いので、思いっきり引っ張る必要があります。

②純正リアスピーカ外し

純正スピーカを固定しているネジ3か所を外すと、簡単に外れます。

③バッフルボードにリアスピーカ取り付け

バッフルボードに、リアスピーカを取り付けます。ネジで強引に穴を開けていきます。

④バッフルボード取り付け

スピーカを固定したバッフルボードを車体に取り付けます。

コネクタが車体と直接ぶつからないように、コネクタにピーカ付属のスポンジを巻いておきます。

以上で取り付け完了です。純正スピーカ(左側)と並べてみました。スピーカの大きさが全く異なります。

⑤カーナビの音質調整

スピーカーを交換して音楽を聴いてみると、あれ、純正と大して変わりません。。

エントリーモデルのスピーカーとはいえ、ソコソコお金がかかったのにこれだけかと思ったのですが、カーナビの音質変更メニューでイコライザーを変更していないのを思い出し、変更してみることに。結果、劇的に音が良くなりました。特に低音の出方が劇的に変化しました。

まとめ

ハイエースのフロント及びリアスピーカの交換をしてみました。フロントスピーカを外すのが若干大変ですが、良い音で音楽を聞けるようになり大満足です。

ハイエースの純正スピーカーはショボいので、車内で音楽を聴くことが多い方にはお勧めのカスタムです。

-ハイエース, DIY

© 2020 39Traveler