キャンプギア

超小型エアーポンプ マックスポンプ プラス( Max pump plus) を写真多数でレビュー(開封編)

超小型電動エアーポンプ、マックスポンププラス(Max pump plus)を購入しましたのでレビューします!

バッテリー充電可能であり、350ml缶より小さく、しかも、重さはたったの150gという製品です。

キャンプでインフレーターマットを膨らますのに、小さくてバッテリー充電可能なポンプがないかと探していたところ、今年の6月ごろ、マックスポンププラスというポンプの支援をMakuakeで受け付けているのを発見しました。

早速欲しいと思っていたのですが、買おうか悩んでるうちに支援が締め切られてしまい、購入することができなくなってしまいました。

それでも諦められずにいたところ、なんと、アマゾンで販売されているではないですか!
この機会を逃したら二度と買えないと思い、速攻で購入致しました。

ちなみに、2018年10月16日現在、アマゾン価格は3360円(税込)ですが、700円引きの特別キャンペーンが行われているので、実質2660円(税込)で購入できます。

これは、Makuakeで支援を受け付けていた際の最低価格2700円(税込)よりも安いです。キャンペーンは急に終了する可能性がありますので、もし気になっている方は、早く購入した方がよいと思います。

<2019年8月追記>

マックスポンププラスは、現在もアマゾンや楽天で3,500円(税込)前後で購入できます。マックスポンプ(MAX PUMP)や、マックスポンプ2(MAX PUMP 2)という製品もありますが、マックスポンププラスとの違いは、不明です。

 

開封

マックスポンププラスはこのような箱に入っています。

 

箱の裏面です。FLEXTAILGEAR社の住所が記載されています。中国江蘇省常州市にあるようです。

 

箱の側面です。

 

早速箱を開けてみます。ポンプ本体と、ノズルと、ポンプ及びノズルを収容できる小さな袋が収められています。

 

中身を全て取り出してみました。本体、ノズル4種類、収納袋、USB充電ケーブル、取り扱い説明書が入っています。

 

本体を横から見た状態。上が充電ランプで、下が充電用usbケーブルを挿入するusbコネクタです。usbコネクタには、防水用のキャップが取り付けられています。

 

本体を上から見た状態です。こちらの穴から空気が吸い込まれます。

 

本体を横からみた状態です。この穴から空気が出てきます。

 

本体底面です。ポンプの仕様が記載されています。

重さ:160g
防水性能:IPX4
充電時間:8時間
バッテリー容量:3600mAh,5V
最大空気圧:1.8Kpa(キロパスカル)

 

本体を350mlの缶と並べてみました。350ml缶の2/3程度の大きさです。

 

バッテリーチャージャーを接続してみました。充電すると充電ランプが赤く光ります。スマホ用のバッテリーチャージャーで充電できる所が良いです。

 

ちなみに、私のモバイルバッテリーはこちらの製品です。1年以上持ち歩いていますが、小型軽量なので邪魔になりません。

インフレータマットに取り付けてみた

早速、我が家のインフレーターマット NEMO Tuo 25に取り付けられるか試してみました。
空気注入口にノズルを取り付けてみます。さて、入るでしょうか?
なんと、ピッタリです! ちなみに、NEMOのTuo 25Lの空気注入口は、直径21mmです。お手持ちのマットにも取り付られるか確認する際の参考にしてみてください。
ポンプ本体を取り付けてみます。

動作させてみた

早速、スイッチを入れてインフレータマットに空気を入れてみます。

動作音

掃除機と同じような、ブウウォーンという音が部屋中に響き渡ります。キャンプ場で夜に使うと、周りの迷惑になると思います。

コードレス掃除機、ダイソン v7(通常モード)の音量と比較してみましたが、ダイソンv7の方が静かでした

空気圧

インフレータマットに空気を入れてみたところ、普通に寝られる程度には空気を入れることができました。パンパンに膨らませたい場合は、最後は口で空気を入れる必要がありますね。

 

以上、超小型電動エアーポンプ、マックスポンププラス(max pump plus)のレビューでした!

 

-キャンプギア

© 2020 39Traveler