【フォンテーヌの森 キャンプ場】行ってみて分かった、”良いところ”と”残念なところ”

フォンテーヌの森は、茨城県つくば市にあるアクセスに優れた高規格キャンプ場です。都心から常磐道経由で約1時間ほどなので、早朝から気合を入れて出発する必要もありません。チェックアウトは遅めの12時なので、現地でゆっくり過ごすことができます。

フォンテーヌの森は2012年春にリニューアルオープンしたので、あらゆる設備が新しくてお洒落です。

基本情報

名称:フォンテーヌの森

住所:〒305-0022 茨城県つくば市吉瀬1247-1

営業時間:チェックイン13:00 チェックアウト12:00

料金:1区画4500円(通常のオートキャンプサイト)+入場料(大人600円、子供400円)+消費税

公式HP:https://www.fontaine-no-mori.com/index.php

さて、実際に一泊してみて気づいた、フォンテーヌの森の5つの魅力と、3つの残念なところを挙げます。

フォンテーヌの森の5つの魅力

①アクセス良好

常磐自動車道経由で都心から約1時間、抜群のアクセスです。
しかも、常磐自動車道は、東名や中央道のような大渋滞が少ないところもお勧めポイントです。

②買い出しに便利

キャンプ場がつくば市の市内にあるので、買い出しには困りません。

イオンモールつくば

フォンテーヌの森まで約15分位の所に、「イオンモールつくば」があります。イオンスーパーに加えて、各種の専門店やフードコートもある、巨大なイオンです。

キャンパー御用達のスポーツオーソリティも入ってますが、残念ながらキャンプ用品は扱っていません。

③設備が綺麗で充実

まずはフロント。ここで、シャワー又は家族風呂の予約をすることができます。薪などのキャンプ用品もここで売っています。

常設のダイニングガーデン。我が家は3人なので使うことはなさそうですが、大人数でのグルキャンならアリかもしれません。つくば市内在住の方が日帰りBBQで利用するにも良いと思います。

ダイニングガーデンの中心には、キャンプファイアーができる設備があります。

水場とトイレ。お湯が出る蛇口があります。奥はさきほどのダイニングガーデン。

この日は映画観賞会が開催されるようです。

映画上映会場はこんな感じ。

貸し切り風呂及びシャワーがあります。家族風呂は30分1080円(税込)、家族シャワーは30分840円(税込)です。

子供向け遊具です。ブランコ2つと、2階建ての小屋が1つしかないので、もう少し充実していると嬉しいのですが。

芝生広場。さきほどの遊具とは異なり、まあまあ広いです。子供達がキャッチボールやサッカーをしてました。奥には小川が流れていて、カエルを捕まえた子もいます。
※広場全体の写真を写し損ねたので、こんな写真でご容赦ください(>_<)

④ウォッシュレット付きトイレ

私は、どこに行ってもウォッシュレットは欠かせません。キャンプ場のトイレは、基本的に簡素な洋式トイレであることが多いので困っていたのですが、なんと、フォンテーヌの森のトイレにはウォッシュレットが付いています。

⑤周辺施設が充実

チェックアウトしてそのまま帰宅するのも良いですが、せっかくなので何処かに寄りたいですよね。フォンテーヌの森の周辺には、いろいろ立ち寄りたくなる所があります。

筑波宇宙センター

フォンテーヌの森から車で約10分かからない所に、JAXA筑波宇宙センター展示館があります。

人工衛星って小さいと思ってたんですが、想像していたより大きいです。こんなに大きなものを宇宙に打ち上げるなんて、ロケット技術って凄いですね。

あみプレミアムアウトレット

フォンテーヌの森から車で約30分ほど走ると、「あみプレミアムアウトレット」があります。LOGOSのアウトレット店が入っていますので、掘り出し物があるかも!

ちなみに、信号が少ないので一般道で行っても高速で行っても所要時間は変わりません。

フォンテーヌの森の3つの残念なところ

①オートサイトの広さが不公平

まずはこちらのマップをご覧ください。今回我が家は、通常のオートテントサイトである「オートインテントサイト AT-R」を予約しました。指定された場所は、41番サイトでした。

公式HPによれば、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スタンダードなオートキャンプサイトです。
【地盤/砂・土の改良地盤/8mx8m(サイトにより異なる)/定員6名】
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とのこと。

<フォンテーヌの森 公式HPより引用>

8m×8mなら、まあまあの広さかと思っていました。で、41番サイトでタープを広げてみると・・。あれ、あまりにも狭すぎでは?? 何かの間違い?

写真には写ってませんが、写真手前は駐車スペースなので、実際にテントやタープを張れるスペースは、ほぼ木枠で囲まれたエリアのみでした。また、写真奥は隣のサイトや道路なので、ロープを張る余裕はほとんどありません。

写っているタープは、タトンカタープ1TCで、サイズは425×445cmです。ということは、公式HPにある8m×8mとは、駐車スペースを含めた全体の広さであって、実質4.5m×6m程度の広さしかないということです。せいぜい、ドーム型のファミリーテントを1つ張るのが精一杯の広さです。流行りのツールームテントは、そもそも張ることが不可能と思われます。

全てのサイトがそうであれば、納得がいきます。しかし、場内を探検してみると、広場サイトの周囲にある同じ料金のサイト(No.17~No.20、No.31、No.32、No.50~53あたり)は、比較的ゆったりしておりました。特に、No.20、No.31、No.32は明らかに広いです。我が家のNo.41よりも実質2倍近く広いように思えます。

こんなに広さが違うのであれば、公式HPに明記して、料金に差をつけるべきと思うのですが。。

今回、我が家は、Quechua(ケシュア) ポップアップテントを持参していましたので、なんとかタープとテントを張ることができました。ダサイですが、このレイアウトにするしかありませんでした。

②料金が高め

今回借りた、「オートインテントサイト AT-R」は、この狭さで、4,500円+入場料1,600円(大人2名、子供1名)+消費税=6,588円でした。コスパ悪い。。

高規格キャンプ場なので仕方ないですが、お値段は高めです。

③夜、バイクの音がうるさい

キャンプ場が市内にあるので、深夜まで、暴走族の爆音バイクの音が聞こえてきます。むしろ深夜になるほど騒がしくなってきます。。遠くで「バババン、バババン」と鳴っている程度なので、我慢できる範囲ではありますが、少し残念です。

まとめ

以上、フォンテーヌの森の”良いところ”と”イマイチなところ”をご紹介しました。アクセスが良く、綺麗なキャンプサイトなのですが、オートサイトの広さが不公平すぎるところが非常に残念です

我が家のように狭いエリアを指定されても大丈夫なように、大きなテントやタープは持っていかないことをお勧めします。

番外編

つくばの野菜直売所

"イオンモールつくば"のすぐ近くに、野菜直売所があります。車で2分位です。

新鮮な野菜やくだものが沢山あります。

中央奥に写ってますが、この日は「利平栗」という名の栗が売っていました。ゆで栗の試食があったので食べてみると、!? なにこれ、甘味が強くてメチャクチャ旨い!

調べてみると、利平栗は、育てるのに手間がかかるので生産量が少なく、なかなか出回らない栗とのこと。別名、栗の王様とか、幻の栗などと言われています。

もし売っていたら、絶対に!絶対に!買うことをお勧めします! この栗を食べると、他の栗を食べられなくなるほど美味しいです。

キャンプから帰ってさっそく栗ご飯にしましたが、ホクホクしてて甘くて最高の栗ご飯が出来上がりました!

ちなみに、包丁で栗を剥くのはあまりにも大変ですし、怪我する危険性がありますので、「栗くり坊主」を使って剥くことをお勧めします。包丁とは比較にならない位簡単に剥けます。簡単といっても、栗1つあたり1~2分はかかりますが、包丁で剥くことに比べたら天国です。

どうしても剥きたくないという方は、そのまま鍋で茹でて「ゆで栗」にすれば簡単に食べられます。

いずれにしろ、売っていたら絶対に!買ってみてください。利平栗はマジで旨いです。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。