投資が上手くいかない原因は? FXでの体験談

年金のみでは老後を安心して過ごすことは出来ない時代になったと感じています。
子供一人を育てるのに必要なお金(生活費、教育費等すべて含む)は、2,600万円以上(※ベネッセ試算)と言われ、老後に必要なお金は5,000万円だとか(いや、もっと必要だとか)言われています。もちろんお金の価値観は人それぞれ異なりますので、必要なお金は各人で異なりますが。

我が家には二歳数ヶ月の娘がいますが、娘に満足な教育を受けさせながら、自分達の老後資金も貯めるとなると、いったい幾らお金が必要になるのか、考えるだけでもうんざりしてきます(思考停止してしまう・・)。

ごく普通のサラリーマンの方々であれば、老後に必要な資金を計算してみると、給与だけでは足りず、投資をしてお金にお金を稼いでもらう必要があるという結論に至るのではないでしょうか。

私も投資初心者ではありますが、いろいろな投資本を参考に、長期投資(主にインデックス投資)を始めています。時間を味方につけるためにもっと早く始めていればと(今更ながら)思っています。

投資で儲ける場合、(当たり前ですが)安く買って高く売ることが必要です。でも、これができずに投資に失敗する原因の一つに、株価の上下に「一喜一憂」してしまうということがあります。今では、株価や投資信託の基準価格の上下に「一喜一憂」しないように心掛けていますが、なかなか難しいです。

自分の投資経験を振り返ると、初めての投資(投機という人もいますが)はFXでした。確かリーマンショック前の2007年頃だったと思います。結果的に損はしなかったのですが、今思えば、当時の私は「一喜一憂」しまくっておりました。

そこで、投資が上手くいかない要因の一つとされている一喜一憂について、自己の経験を交えてお話したいと思います。

ビギナーズラック

資産20万円を資金として、無くなったら辞めようと思ってFXを始めました。それまで株を含めて投資を一切やったことがない私がFXを初めて思ったことは、こんなに簡単にお金が儲かるんだということでした。レバレッジ10倍でドル円のロングポジションを取った記憶がありますが、レバレッジ10倍で1万ドルのロングポジションを取ると、0.1円円安になるだけで1000円儲かります。いとも簡単に数千円が儲かることに刺激を覚え、のめりこんでいきました。

たまたま運が良かったからなのか、20万円の資金は、少しずつ増えていきました。

勉強する

何度もトレードをしていると、為替レートが予想とは反対の方向にいくこともあります。為替レートが大きく動くときは、FX業者のサイトに、雇用統計がなんたらとか、レートが大きく動いた(後付けの)理由が掲載されます。それを鵜呑みにして、何故為替レートが自分の予想と反対に向かったのかを考えるようになりました。テクニカルトレードのやり方についても少しだけですが勉強しました。

ポジションを増やし始める

最初は、1ポジションのみでトレードしていましたが、資金が増えるにつれ、2ポジション、3ポジションとポジションを増やしていきました。また、通貨ペアも、ドル円では飽き足らず、ボラリティ(変動)の激しい、ポンド円のポジションを好むようになっていました。更に、ロングポジションだけではなく、ショートポジションも狙うようになりました。

たまたま円安傾向にあったのが功を奏したのか、資金20万円が数ヶ月で60万円ほどに増えました。

儲かったお金で高級レストランに行き、何かの記念日ですかと聞かれて返答に困った記憶があります。

1日中チャートが気になる

このころは、常時複数ポジションを取っていましたので、資産の変動が激しいです。少し値動きが激しい時は、1時間たたないうちに数万円動くこともあります。為替レートが頭から離れず、職場でも常に為替レートを気にするようになってしまいました。当時はガラケー全盛でしたので、ガラケーの小さい画面でトレードしたり、ガラケーばかり触っていると仕事をしていないように見られるので職場のパソコンで為替レートを見たりといったことをしていました。

夜寝られなくなる

FX市場は土日を除き24時間開いています。また、アメリカの統計データが発表されるときは大きく値動きすることが多いのですが、統計データが発表されるのは日本時間の深夜です。為替レートが大きく動く場合は、損しないようにポジションを手仕舞う必要があるか、又は新たにポジションを取って設けるチャンスです。そんなわけで、目覚ましを掛けて深夜に起きるようなことをしていました。こんなことを繰り返していると、真夜中に自然に目が覚めるようなってしまい寝不足の日々が続くようになりました。

残高が減り始める

数ヶ月かけて70万円近くまで積みあがった資産ですが、徐々にポジションとは反対の方向に値動きすることが多くなってきました。FXを始めた頃は1ポジションしかとっていなかったので資産変動は少ないものでしたが、このころは数ポジションをとっているので資産が減るスピードが速いです。70万円近くあった資産は50万、40万とみるみる減っていきました。損を取り戻さないと思って、自棄になってポジションを取り、更に資産が減るということも繰り返していました。塩漬けにして強制ロスカットされることも何度かありました。

今考えると、円安傾向にあった市場が、円高傾向に風向きが変わったんだと思います。その時は短期トレードしかしていませんので、風向きが変わったことなど全く気が付きもしませんでした。

そうこうしているうちに資金は当初資金の20万に近づいていきました。また、その頃は、FXで儲けるのは簡単ではないと感じつつあったことと、さすがに、職場でトレードをしたり、深夜まで為替チャートとにらめっこしている生活を続けるのはさすがにマズいと感じ始めていました。最後、22万円になった時点ですべてのポジションを手仕舞って、FXを辞めることにしました。

今思うこと

今思えば、慎重に売買していた最初は良かったものの、後半は「一喜一憂」の心理そのものです。儲かれば「一喜」してポジションを増やし、損すれば「一憂」して自棄になってポジションを手仕舞ったりと、まさに、高値で買って安値で売る行動になっています。

現在始めている長期投資では、FXでの経験を活かして、一喜一憂」の心理にならないように心掛けていきます。でもこれが本当に難しいんですよね。。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。