乗り換え

【日比谷駅】千代田線⇔日比谷線 簡単! ベビーカー又は車いすでの乗り換えルート

※東京ミッドタウンがオープンしたことで、外に出なくても乗り換え可能になりました。以下の記事は東京ミッドタウンがオープンする前の古い記事になります。

 

日比谷駅で、千代田線から日比谷線(又はその逆)に乗り換える場合、階段を使って比較的すぐに乗り換えできます。しかし、ベビーカーに子供を乗せている方や車椅子の方など、階段を使わずにエレベータのみで乗り換えようとすると、駅員に乗り換えるルートを聞いたとしても(説明が長すぎて覚えられないので)迷ってしまい、日比谷駅の中を彷徨うことになります

私も、ベビーカーを押しながら初めて乗り換えたときは、迷った挙句に辿り着けず、ベビーカーを抱えて階段を下りる羽目になりました。

そこで、乗り換えルートをわかりやすく説明します!

乗り換えに必要な時間

まず、千代田線ホームと日比谷線ホームの間の乗り換えに必要な時間を先に説明しておきます。

歩きだと、乗り換え用の階段の近くの車両に乗っていれば30秒位です。

ベビーカー又は車いすだと、概ね10分位です。乗り換えルートを知っていればもっと早いと思いますが、最初は10分程度みておくのが無難です。

乗り換えルート

千代田線から日比谷線への乗り換え

まずは以下の地図(日比谷駅地下の構内図)をご覧ください。赤線が乗り換えルートになります。

1.千代田線ホームのエレベータ(A)に乗り、改札口を出た後、東京ミッドタウン日比谷にあるA11出入り口のエレベータ(②)に乗り地上に出る。※A9を出た所の日比谷マリンビルにもエレベータがあり地上に出られますが、地上に出ると1段だけ階段があるので、車椅子の方にはお勧めしません。

2.地上を移動(日比谷交差点を渡る)し、日比谷駅A6出入り口のエレベータ(③)に乗り、地下へ潜る。地上の移動ルートは、更に下にある、「日比谷駅の地上図」をご覧ください。

3.日比谷線改札口(④)を通り、日比谷線のエレベータ(B)に乗る。

↓↓↓ 日比谷駅地下の構内図 ↓↓↓

↓↓↓ 日比谷駅の地上図 ↓↓↓

 日比谷線から千代田線への乗り換え

上の地図(日比谷駅地下の構内図、日比谷駅の地上図)をご覧ください。赤線が乗り換えルートになります。

1.日比谷線改札口(④)を通り、日比谷駅A6出入り口のエレベータ(③)に乗って地上出口A6に出る。

2.地上を移動(日比谷交差点を渡る)し、日比谷駅A11出入り口のエレベータ(②)に乗り、地下へ潜る。

3.千代田線の改札口を通り、ホーム行きのエレベータ(A)に乗る。

まとめ

いかがでしたでしょうか。分かってしまえば意外と簡単ではないでしょうか。

余談

記事の中で述べたように、A9を出た所の日比谷マリンビルにもエレベータがあり、それに乗っても地上に出ることができます。東京ミッドタウン日比谷ができる前は、このルートで地上に出るように駅員に案内された記憶があります。しかし、以下の写真のように、地上に出ると、微妙に1~3段だけ段差があるため、ベビーカーの方はともかく、車いすの方は通過するのが困難なのではと思います。

以上です。

-乗り換え

© 2020 39Traveler